FC2ブログ

カラオケに入ってない曲を歌おう

「カラオケに入ってない曲を歌おう」という企画です。 意外にも有名曲がカラオケ配信されていないという実態が存在するのです。半世紀をも経過したような名曲の権利は第3者に譲渡されて、新しい権利者はその音源をハイレゾ音源でダウンロードあるいはCD化して再販するというビジネスが展開されています。新権利者によって版権管理されカラオケ配信の弊害になっています。当企画はそのような名曲を「軽音楽音源」を音程調節してパソコンでcoverするという企画なのです。




1曲目は、1960年発売の橋幸夫さんの「木曽ぶし三度笠」です。これほどの有名曲がカラオケ配信されていないのです。

この歌は橋幸夫さんの5枚目のシングルです。台湾では「可憐彼個小姑娘」「愛情燒酒話」「思恋的故郷」「僥心彼個人」というタイトルで次々カバーされたとっても有名な日本の歌のひとつです。こういう楽曲こそカラオケ配信してもらいたいものです。





同じく橋幸夫さんの1961年発売「俺ら次郎長」です。1960年発売の橋幸夫さんの「木曽ぶし三度笠」です。

この歌の特徴は「掛け声と啖呵」のセリフですが、これが決められたら半ば完成です。台湾では「江湖兄弟」とか「宝島好男児」といった複数のタイトルで数多く歌われています。





そして神戸一郎さんの「赤い夕日が沈む頃」です。こちらも「軽音楽音源」を音程調節してパソコンでcoverしました。

この歌は台湾では「再会夜港口」「冬天的暗暝」「黃昏的悲恋夢」というタイトルでカバーされたとっても有名な日本の歌のひとつになっております。





都はるみさんの隠れた名曲「はるみ」です。「軽音楽音源」を強引に音程調節してぶっつけ本番でパソコンで歌いました。

この歌は日本では意外に知られていないのですが、台湾では、有名歌手の洪榮宏が「我是男子漢」のタイトルでカバーしてとても有名な日本の歌のひとつなのです。歌詞は男唄ですが男女共歌える軽快な歌だと思います。リクエストで配信を実現しましょう






「恋の三度笠」は 以前アップしておりました。ところが何故か57年前のこの歌に対し意味不明の7団体が著作権を主張し広告を挿入するという事態が発生しました。再生数も順調に推移しましたが、思い切って削除しました。
そしてこの代替動画を映像・音声を差し替え作成しました。






松山恵子さんの「哀愁の駅」です。この歌も「軽音楽音源」を強引に音程調節してぶっつけ本番でパソコンで歌いました。

台湾では「哀愁的火車站」「惜別飛機場」といったタイトルでカバーされたとっても有名な日本の歌のひとつです。






最後は特別版として、師匠の楽曲を採り上げたいと思います。原曲のままの詩では男性が歌うにはつらいものがありますので、男性視線の表現に変更して先生と遊んでいました。

そもそもは、カラオケに入ってない曲を、ちゃんとしたカラオケで歌いたいという気持ちを高揚させ、リクエストという手段をもってカラオケ配信を実現させようじゃないかという意図のもと、歌のない歌謡曲を伴奏にパソコンで歌うという企画なのでした。

コメント

Secret

プロフィール

ケーシー村上

Author:ケーシー村上
380万アクセス突破の演カラネットを運営しています。ケーシー村上と申します。ここでは演歌カラオケの色々な情報を紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム